ホーム>PO's Factoryブログ>店長日記>カナダで「トランス脂肪酸」の使用が禁止に!?
店長日記

カナダで「トランス脂肪酸」の使用が禁止に!?

厳密には、人工的に作られるトランス脂肪酸の主な原料である部分水素添加油脂(硬化油)

カナダ産食品中の工業的に生産されたトランス脂肪酸の主な供給源である部分的に水素化された油(PHOs)の禁止とういう事になります。

2018年9月15日に施行予定です。

日本では、未だ規制がないですが、海外では「アメリカ」の次は「カナダ」と

禁止に踏み切る国が出てきており、それだけ危険という認識が広まっています。

 

トランス脂肪酸の入っている食べ物は?というと・・具体的には

マーガリン、調理オイル、ショートニングが代表的

 

またそれによって作られた食品

パン、コーンフレーク、ケーキ、ドーナツ、クッキー、アイスクリームなど

201817211658.jpg

日常よく食べるものばかり・・

 

特に日常の調理油として使うサラダオイルは、取り過ぎないよう注意が必要

植物から油を絞る際には、精製する工程で好ましくない臭いを取り除くために高温で処理を行います。この際に、植物に含まれているシス型の不飽和脂肪酸からトランス脂肪酸ができるため、サラダ油、キャノーラ油など精製した油にはトランス脂肪酸が含まれています。>>>農林水産省HP

http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/t_wakaru/index.html

 

「トランス脂肪酸を含む油脂の使用禁止により20年間で約12,000件もの心臓発作を防ぐことができる」

ようです。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.organic-po.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/34

ページ上部へ