ホーム>PO's Factoryブログ>ファスティング>腸まで届かない「乳酸菌」
ファスティング

腸まで届かない「乳酸菌」

2019825194952.jpg

腸内環境を良くするといわれている
乳酸菌ですが・・・

実際は腸まで届くのはビフィズス菌。
 

「乳酸菌」は
胃酸などにやられてしまい、
腸に辿り着くころには死滅しています。

しかしながら、
乳酸菌の死骸は善玉菌のエサになるので、腸内環境を整える意味では一役かっています。
 
 
乳酸菌は「生きていても、死んでいても腸内環境改善には有益だ!」という事ですね。
 
 
また、乳酸菌を沢山摂れば良いというものでもないようです。
 
 
 
問題は「」より「
 
自分の体と乳酸菌の相性ですね。
 
この世に乳酸菌は多数存在し、自分の体に合う乳酸菌かどうかは試してみなければ分かりません。
 
 
 
自分のお気に入りフレーバーのヨーグルトだけを食べるよりも・・
 
銘柄をかえて毎日ヨーグルトを食べる方が
自分の体質にマッチする乳酸菌に出逢える機会が増える訳です。

「いろんな乳酸菌を摂る事で腸内環境の改善効果が高まる!」ことになります。
 

乳酸菌は糖質を代謝して、乳酸を作り出します。
 
あえて選ぶなら「オリゴ糖」
前回の記事でブドウ糖などの糖は体によくないという記事を書きましが、
「オリゴ糖」は糖類ではなく「糖質」に属するものなので
体に吸収されにくく、血糖値への影響はほとんどありません。

味や風味から言っても、酸っぱいヨーグルトに合う甘味料は
乳酸菌相性バツグンの「オリゴ糖」ですね。
 
 
ドリンクタイプのヨーグルトで
人口甘味料で味付けされている商品は避けた方が良いかもしれません。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.organic-po.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/66

ページ上部へ