ホーム>PO's Factoryブログ>2019年10月

2019年10月

腸まで届く「ビフィズス菌」!

2019101215246.jpg

ビフィズス菌入りのヨーグルトを食べた直後の糞便を調べてみると、
大腸内に常在しているビフィズス菌と共に、食べた時のビフィズス菌が検出されることがあります。
 
このとこから、乳酸菌は腸に行く過程で死滅してしまうのに対し、ビフィズス菌は腸まで生きて届くことが分かります。

ビフィズス菌は、生まれて間もないときから人間の腸内に存在し、健康な赤ちゃんの腸内フローラの大半を占めています。
 

しかし年齢とともに腸内のビフィズス菌は減少していきます。
 
 
 

そう・・年齢と共に私たちの腸内に常在するビフィズス菌は減ってしまうのです。
 
 
 
ビフィズス菌が減少した分、健康に悪影響を及ぼすさまざまな悪玉菌が増えていきます。

悪玉菌を抑え、腸内フローラを良好にするためにも、ビフィズス菌をいかに大腸に多く保ち続けるかが大切です。

 

ページ上部へ