ホーム>PO's Factoryブログ>ファスティング>「乳酸菌」は「酵素」のお母さん
ファスティング

「乳酸菌」は「酵素」のお母さん

そもそも「酵素」は「乳酸菌」が生み出したものなのです。


酵素とは、たくさんの糖で保存性を高めながら発酵させたエキス。 

 

2020325191948.jpg

 
つまり、「酵素」のお母さんは「乳酸菌」
親子関係にあったのですね・・・

乳酸菌は主にエネルギー源として糖を分解して
乳酸とアルコールをつくります。

このとき、最初に原材料を分解するために
消化酵素を分泌します。
 
 
酵素が不足するとどうなるのでしょうか!?
 
 
消化や栄養の吸収が上手く行われず、
体内に必要な栄養が行きわたらなくなります。

 

 

 

 

しかしながら、酵素も乳酸菌も同じく、年齢とともに減少していく物質です。
男性16歳、女性14歳がピークといわれており、
40代に入ると急激に減してしまうため、積極的に摂取していく必要があります。

酵素は熱に弱いという性質を持っているため、
加熱するとほぼ働きが失われてしまいます。
 
加熱しない生野菜を食べるのが最適ですが、
一日の必要な摂取量が1日に約300gと、
なかなか現実的ではありません。
 
そこで効率よく酵素を摂取できる方法として
スムージーが最も効率的です。
朝食の置き換えとすると、一食分のカロリーを減らせるので
ダイエットにもつながります。
 
イチオシのオーガニック・スムージーはこれ!
 
46種類のキノコ・野菜・穀物・海藻類・果物がバランスよく凝縮された・・
生食ドリーム46 >>>コチラ
 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.organic-po.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/73

ページ上部へ