ホーム>PO's Factoryブログ>食用オイルとして

食用オイルとして

植物オイルとは

2022526171716.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

植物オイルとは、その名の通り、植物を原料とした油です。具体的にいうと、植物の種子や果肉など

に含まれる油分を圧搾・抽出して得られたもので、代表的なものとして「オリーブオイル」や「ごま油」などが挙げられます。これらのオイルは食用としてスーパーなどにも置かれているため、日常的に利用している方も多いのではないでしょうか。

ちなみに、食用の油には、牛や豚などに含まれる動物性の脂も存在します。どちらも同じ「オイル」ですが、実は植物性の油と動物性の脂には、主成分となる「脂肪酸」の種類に大きな違いがあります。この「脂肪酸」というのは、大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2種類があり、それぞれ次のような特徴があります。

 

<飽和脂肪酸>

肉や乳製品など動物性の油に多く含まれている脂肪酸です。常温で固まりやすいという特徴があり、牛脂やラード、バターなどがこれに該当します。

 

<不飽和脂肪酸>

植物や魚の油に多く含まれている脂肪酸です。不飽和脂肪酸の中でも、体内で合成できない「多価不飽和脂肪酸(α-リノレン酸、リノール酸など)」と体内で合成できる「一価不飽和脂肪酸(オレイン酸など)」の2タイプに分類され、このうち「多価不飽和脂肪酸」は、そこからさらにタイプが分かれていきます。不飽和脂肪酸は飽和脂肪酸とは逆に常温でも固まりにくいという特徴があり、オリーブオイルやごま油、アボカドオイルなど植物オイルの多くはこちらに該当します。 (参照:農林水産省「脂肪酸」

 

とはいえ、中には例外もあり、例えばパームやしの果肉を原料とした「パーム油」は飽和脂肪酸の割合が比較的高い植物オイルとなっています。一口に「植物オイル」といっても、そのオイルの原料によって脂肪酸の組成や特徴が変わってくるため、それぞれのメリット・デメリットを踏まえたうえで、自身に合ったものを選ぶようにしましょう。 (参照:一般社団法人 日本植物油協会「植物油と栄養」

 

食用オイルとキャリアオイルの違い

植物オイルは食用として用いられるほかに、マッサージやスキンケア、ヘアケアなどで利用される、いわゆる「キャリアオイル」として活用されることもあります。

 

ちなみに、キャリアオイルとは、精油(エッセンシャルオイル)を希釈するための植物オイルです。植物に含まれる天然の香り成分を高濃度に凝縮した精油は、原液のまま使用してしまうと肌への刺激が強すぎるため、身体へ塗布する場合はキャリアオイルなどで希釈してから使う必要があります。

 

では、食用オイルとキャリアオイルにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

それは、製造方法です。身体に直接塗布することを前提に製造されたキャリアオイルと風味や栄養価などを重視して製造された食用オイルでは、製造過程における濾過の精度や品質の管理などが異なります。キャリアオイルの中にはオリーブオイルやアボカドオイルなど食用オイルと同じ原料を使ったものも多いため、中には「食用の植物オイルをキャリアオイルとして代用できるのでは?」と思ったことのある方もいるかもしれませんが、一般的に代用することは推奨されていません。食用のオイルはあくまでも食べることを目的として作られており、基本的に化粧品としての用途は想定されていないため、食用の商品をキャリアオイルとして使用するのは避けたほうがよいでしょう。

【保存版】植物オイルの種類を総まとめ!

それぞれの特徴や使い方を詳しく紹介します

2022520192749.jpg

食用として、キャリアオイルとして、さまざまなシーンで活用されている植物オイル(植物油)

本記事では、植物オイルの基礎知識を解説したうえで、代表的な植物オイル17種類を具体的な使い方とともに詳しく紹介していきます。


近年ますますその存在感を増している植物オイル(植物油)。健康や美容を目的に摂取したいと考えている方の中には「そもそも植物オイルって何?」「それぞれどんな特徴があるの?」と疑問を抱いてる方もいるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、植物オイルの基礎について徹底解説!植物オイルの概要や食用とキャリアオイルの違いなどについて説明したうえで、代表的な植物オイルを17種類紹介していきます。それぞれの特徴やおすすめの調理方法などもお伝えしていくので、ぜひ参考にしてみてください。

 

植物オイルとは・・・

飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸

食用オイルとキャリアオイルの違い

アボカドオイルが「飲む美容オイル」と言われる理由

2021112513218.jpg

【森のバター】とも言われ栄養がとても高いアボカドオイル

 実はこのアボカドオイル、

 世の中に色々オイルは数多くあるけれども・・

 オイルの種類の中では、ビタミンEがもっとも多く含まれているんです!

 飲む美容オイルと言われるのその由縁です。

 若い女性に人気の高い自然療法大学の ルイ先生もビタミンE効果について語ってます。

 >>> コチラから

 

 このルイ先生とっても分かりやすく説明されているので、

 最近ハマってますね。

 

 アボカドオイルの中でもロシオ・デル・ボスケアボカドオイル

 供給量も安定したメキシコ産ハス種のアボカドから抽出されたオイルで、

 栄養価を壊さないように、抽出過程にもこだわりのあるオイルですよ。

 

 アボカドオイル プレミアム 280g ロシオ・デル・ボスケ | アボカドオイル 美容と健康|ロシオ・デル・ボスケ通信販売|PO's Factory(ピーオーズファクトリー) (organic-po.com)

「健康脳」と「良質なオイル」の関係

2020915223342.jpg物忘れは「認知症」の初期症状!?

 

ガンと同じように、認知症も早期発見が

「鍵」となるようです。

 

軽度認知障害期間は5年間ほどで

その間のケアがとても大事。

重度認知症になるか

軽度でとどまるのかの分かれめになるそうです。

 

 

 

では、どんな対策をすればよいのか!?

一番は毎日の運動。

合わせると相乗効果が出てくるのは「オイル療法

 

そもそも、脳は何でできてるの!?

脳はほぼ「油」でできているのです。

フワフワとお豆腐よりも柔らかいのですよ!

 

ならば、良質なオイル」を食することがまずは基本ですね。

そこでオススメなのが「アボカドオイル

栄養のバランスが取れており、酸化もしにくいので日常使いにはお手軽です。

しかもクセがなく熱にも強いのでどんな料理にも合います。

もちろん!オメガ3も摂取できます。

201935184219.jpg

「健康脳」のための「オイル療法」には是非オススメ! アボカドオイル >>コチラから

 

                                   PO's Factory

エクストラ・バージン オリーブオイル ☆クルス・デル・スール≪南十字星≫ 南米-チリ産

最高級品質のオリーブオイルを

入荷しました。


202011517745.jpg

 

その名も

エクストラ・バージン・オイル≪クルス・デル・スール≫ 

スペイン語で「南十字星」という意味だそうです。

 

2020115171945.jpg

アボカドオイルの姉妹品として、「オリーブオイル」の取り扱いを始めました。

オリーブオイルには、アボカドオイルにはない独自の風味あるからです。

その独自の風味ゆえに好き嫌いはでてきますが、パンに塗ったりドレッシングにしてみたり・・と

 

オリーブオイルの風味をアクセントとして楽しみたいな♪ なんて!

フッと・・購入したくなる。

 

個人的に好きなんですね。オリーブオイルの独自の香りが・・

 

どうせ販売するならスーパーなどでは手に入らない最高級品質のオリーブオイルを!

と思ってみたところ、これは!と思えるオリーブオイルとの出会いがありました。

 

引き寄せかな!?

 

オリーブオイルとしてはクセが強すぎずマイルドなので

日本人には馴染みやすいと思います。

和食にも合いますね!

 

500ml:2本セットで販売 コチラから>>>

エクストラ・バージン・オイル クルス・デル・スール≪南十字星≫

                

アボカドオイルが女性に人気な秘密

201935184219.jpg
アボカドオイルが女性に人気な訳は、

使い続けることによって痩せ体質な体をつくるからなのです。

2/19日に放映された、林修の【今でしょ講座】でも紹介されていました。

 

アボカドミステリー

 

何故アボカドはカラダを美しく、細見な体型にするのか・・

まず腸を老けさせない脂肪を蹴散らす3つの要素がポイントです!

 

その1.バナナ5本分の良質な食物繊維

アボカドには水溶性と不溶性の食物繊維がバランスよく含まれており

腸内環境を整え得てくれ、感染症のリスクさえも抑えてくれます。

 

その2.アボカドオイルには豊富な不飽和脂肪酸が含まれており、カラダに溜まった余分な脂肪を燃焼してくれます。

 

その3.アボカドに含まれる豊富なビタミンB群糖質・脂質を分解してくれます。

ビタミンB1:糖質の分解を促進

ビタミンB2:脂質の分解を促進

ビタミンB6:タンパク質の分解・代謝を促進

 

「ロシオ・デル・ボスケ」ブランドアボカドオイルアボカドの王様と呼ばれるメキシコ産ハス種を使い、栄養を壊さないよう特殊な方法でオイルを抽出しています。

お勧め商品!アボカドオイル280gサイズ >>>コチラ

 

新鮮な驚きですが、アボカド×味噌の組み合わせが美味しいらしいですね!>>>コチラ

 

 

 

まずは良質な「塩」と「オイル」 

2019215192752.jpg粗塩」には日本人が不足しがちなミネラルが沢山含まれています

食卓塩」は酸化マグネシウムを添加して精製した「しお」。ほぼ、塩化ナトリウムです。

 

「塩分の摂りすぎは良くない」といわれるのは、この塩化ナトリウムによる弊害で、高血圧や心臓病のリスクを高めます。

 

 

天然の粗塩については、

カルシュウムやカリウム、マグネシウムなどミネラルも豊富です。味もとんがりがなくマイルドで深みのある味わいですね。

「健康には塩分控えめ」というのは常識化していますが、そんなことはありません。

粗塩でしたら多少摂りすぎても、足りないミネラルが補える!?ぐらいの感覚で、

逆に健康にはウエルカムなのではないでしょうか・・

 

気を付けるべきなのは「オイル」だと思います。

「油の摂りすぎには注意!」というのも常識化していますが、そんなことはありません。

太るのは「糖質」の摂りすぎに原因がある場合が多く、「脂質」ではないのです。

逆に「オイル」を極端に控えると皮膚が乾燥してきて、健康にも影響を及ぼします。

 

 特に人間の脳の60%は脂質で出来ています。

 

良質なオイルを毎日とることは重要なことですね。

 

ただ、飽和脂肪酸の多く含まれるバターやラード、牛脂などは多く摂りすぎないようにした方がよいようですから注意が必要。

美味しいんですけどね。

 

摂り過ぎると悪玉コレステロールが増え、心疾患のリスクが高まるといわれています。

 

健康を意識するには、「高価なサプリメント」に走る前に、

まずは身近なところから・・ 

良質は「」と「オイル」を摂るよう心掛けてみてはいかがでしょうか・・

 

 

 

ページ上部へ