ホーム>PO's Factoryブログ>陰陽五行

陰陽五行

「生食ドリーム46」で栄養のバランスを・・

「生食ドリーム46」は糖質カットのバランス食です。201881221228.jpg

発芽玄米メシマコブ、アガリスク、冬虫夏草、をはじめ、

46種類の生のホールフードを凍結粉末。

豆乳などに混ぜて、毎朝飲めば・・アナタも今日から腸活すっぴん美人♬

 

201782703027.jpg

46種類の健康の源!

 

発芽玄米メシマコブ、椎茸接種発芽玄米、冬虫夏草発芽玄米アガリスク接種大豆、発芽玄米紅麹、ハト麦紅麹、ヤマブシタケ、もち玄米、胚芽米、発芽玄米、発芽黒米、胚芽ムギ、アルファ玄米、小麦・ふすま、もちもろこし、もちあわ、大豆、胚芽小麦、さつま芋、ジャガイモ、りんご、柚子、栗、レンコン、ゴボウ、人参、ケール、ほうれん草、ステビア、キャベツ、カボチャ、明日葉、大根葉っぱ、セリ、緑茶、昆布、ワカメ、天然塩、ヨモギ、ムギ葉、スピルナ、桑葉、松葉、ホリデキストローズ、大豆たんぱく質、フルクトース

 

生食ドリーム46 >>>コチラ

 

北のこだわりカレーソース

2018527172621.jpg夏になると食べたくなるのが、なんといってもカレーライス

灼熱の太陽の国、インドやパキスタンでは常食となっているカレーですが

何故!? 暑い時はカレーが食べたくなるの??

というと・・ カレーは「陰」の食べ物。

「北のこだわりカレーソース」は コチラから>>>

 

体を冷やしてくれるのですねー♪

 

カレーは本来、スパイスで辛さを出すものですが、

巷で売られているレトルトカレーは、

カラメル色素など食品添加物も多くふくまれており

旨味を出すために牛脂もタップリのようです。

要するに食べると太る! 代謝が悪くなる!

という悪循環に陥りがち・・

 

当店では30種類スパイスで日本人に好まれるよう味を調えた

本格的カレーを販売しています。

 

何故日本人向けなのか・・というと

北海道産「昆布だし汁」「甘えび」「黒干石大豆」

コクを出しているからです。

 

グルテンフリーなので小麦粉アレルギーの方にも安心して

お召し上がりいただけます。

 

カツカレーに、カレースープに、パスタソースに・・と

色々なお料理のアレンジが楽しめます。

 

「北のこだわりカレーソース」は コチラから>>>

 

 

 

中庸を摂る「生食ドリーム46」

201781813126.jpg

 

「生食ドリーム46」は食べ物を生食することで陰陽のエネルギーを中庸とする考え方を取り入れたスムージーです。

20161214222930.JPG

無農薬ローフードスムージー 

生食ドリーム46は野菜、きのこ、海藻など46種類の食材をギュッと凝縮しました!

生食ドリーム46>>>コチラから

 

 

 


・お味噌汁に豆腐をいれることによって、

「陽」に傾いた食のエネルギーを中和させてバランスをとってくれます。

・トマト、きゅうり、ワカメのサラダに目玉焼きを添えることで

「陰」に傾いた食のエネルギーを中和してバランスをとってくれます。

・豚の生姜焼きも同じです。豚肉と生姜は相性がよく、お互いにフォローし合う関係にあります。

20178270313.jpg


 生食ドリーム46」はなぜ体に良いのか!?

  その秘密は・・・使われている食材が厳選された46種類オーガニック食材

     しかも・・毎日の食習慣で崩れた陰陽のバランスを中庸に整えれくれるバランス食なのです。        

201782703027.jpg 無農薬ローフードスムージー 

生食ドリーム46>>>コチラから                   By PO's Factory

 

五臓六腑に影響をする食べ物の陰陽

日常食べている食品には、体を冷やす食べ物体を温める食品があります。

 

夏に食べるスイカやビールは美味しく感じ

冬に食べる魚介類や肉がいっぱい入った鍋ものも美味しく感じますね。

食べ物の味覚身体の摂理、本来は繋ってしているのかもしれません。

 

美味しいと思うものが身体に良いもの!

そんな食べ物との関係が理想ですね。

2017720112227.png

以外なのが、唐辛子やショウガ・・

体を温めものだと思いきや違うんですね〜

体を冷やす部類の食べ物なのです。

「唐辛子」「トマト」、同じ赤い食べ物でも体を冷やすのです。

 

 

ところが赤い梅干は体を温めます。

同じくお肉や魚も体を温めてくれます。

 

また珈琲は体を冷やしますが・・

なぜかタンポポ珈琲は体を温めてくれます。

バランス 季節の「彩」を食べる

陰陽五行と食の関係

体の基礎を作る栄養バランス: 古く中国では「薬食同源」と言われ

薬(医)も食べ物も同じく病気を予防し、食習慣が健康を大きく左右すると考えられていました。

5行とは、中国で古来より語り継がれてきた考え方で5つの要素に分類されます。

【木】 脾臓(胆のう) 目、爪 

【火】赤 心臓(小腸) 舌、血管

【土】 脾臓(胃)  口、唇

【金】 肺(大腸)  鼻、皮膚

【水】 腎臓(膀胱) 耳、骨、髪

2017624121617.jpg

それぞれの要素に色がついていてお互いの要素が影響しあう関係性にあるそうです。

季節に応じて、彩り豊かでバランスの良い食生活を心がけたいものですね。

=胆⇒肝(自律神経系) 【体質改善の食べ物】柚子,レモン,リンゴ,ヨーグルト,梅肉,玄米酢

=小腸⇒心臓(循環器系)【体質改善の食べ物】フキ,ヨモギ,春菊,レタス,珈琲/茶,ビールたけのこ,ゴボウ 

=胃⇒脾(免疫系)   【体質改善の食べ物】鶏肉,かまぼこ,人参,胡麻,そら豆,クルミ,椎茸

=大腸⇒肺(リンパ系) 【体質改善の食べ物】にんにく,わさび,胡麻,ネギ,大根,ワイン,日本酒

=膀胱⇒腎(内分泌系) 【体質改善の食べ物】もずく,ワカメ,ひじき,シジミ,イワシ,鯖,味噌,天然塩

 

 

ページ上部へ