ホーム>PO's Factoryブログ>アボカドオイル活用法

アボカドオイル活用法

植物オイルとは

2022526171716.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

植物オイルとは、その名の通り、植物を原料とした油です。具体的にいうと、植物の種子や果肉など

に含まれる油分を圧搾・抽出して得られたもので、代表的なものとして「オリーブオイル」や「ごま油」などが挙げられます。これらのオイルは食用としてスーパーなどにも置かれているため、日常的に利用している方も多いのではないでしょうか。

ちなみに、食用の油には、牛や豚などに含まれる動物性の脂も存在します。どちらも同じ「オイル」ですが、実は植物性の油と動物性の脂には、主成分となる「脂肪酸」の種類に大きな違いがあります。この「脂肪酸」というのは、大きく分けて「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2種類があり、それぞれ次のような特徴があります。

 

<飽和脂肪酸>

肉や乳製品など動物性の油に多く含まれている脂肪酸です。常温で固まりやすいという特徴があり、牛脂やラード、バターなどがこれに該当します。

 

<不飽和脂肪酸>

植物や魚の油に多く含まれている脂肪酸です。不飽和脂肪酸の中でも、体内で合成できない「多価不飽和脂肪酸(α-リノレン酸、リノール酸など)」と体内で合成できる「一価不飽和脂肪酸(オレイン酸など)」の2タイプに分類され、このうち「多価不飽和脂肪酸」は、そこからさらにタイプが分かれていきます。不飽和脂肪酸は飽和脂肪酸とは逆に常温でも固まりにくいという特徴があり、オリーブオイルやごま油、アボカドオイルなど植物オイルの多くはこちらに該当します。 (参照:農林水産省「脂肪酸」

 

とはいえ、中には例外もあり、例えばパームやしの果肉を原料とした「パーム油」は飽和脂肪酸の割合が比較的高い植物オイルとなっています。一口に「植物オイル」といっても、そのオイルの原料によって脂肪酸の組成や特徴が変わってくるため、それぞれのメリット・デメリットを踏まえたうえで、自身に合ったものを選ぶようにしましょう。 (参照:一般社団法人 日本植物油協会「植物油と栄養」

 

食用オイルとキャリアオイルの違い

植物オイルは食用として用いられるほかに、マッサージやスキンケア、ヘアケアなどで利用される、いわゆる「キャリアオイル」として活用されることもあります。

 

ちなみに、キャリアオイルとは、精油(エッセンシャルオイル)を希釈するための植物オイルです。植物に含まれる天然の香り成分を高濃度に凝縮した精油は、原液のまま使用してしまうと肌への刺激が強すぎるため、身体へ塗布する場合はキャリアオイルなどで希釈してから使う必要があります。

 

では、食用オイルとキャリアオイルにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

それは、製造方法です。身体に直接塗布することを前提に製造されたキャリアオイルと風味や栄養価などを重視して製造された食用オイルでは、製造過程における濾過の精度や品質の管理などが異なります。キャリアオイルの中にはオリーブオイルやアボカドオイルなど食用オイルと同じ原料を使ったものも多いため、中には「食用の植物オイルをキャリアオイルとして代用できるのでは?」と思ったことのある方もいるかもしれませんが、一般的に代用することは推奨されていません。食用のオイルはあくまでも食べることを目的として作られており、基本的に化粧品としての用途は想定されていないため、食用の商品をキャリアオイルとして使用するのは避けたほうがよいでしょう。

【保存版】植物オイル総まとめ・・>>>コチラ

代表的な植物オイルの種類と特徴・・>>>コチラ

用途でオイルを使い分ける・・・・・>>>コチラ

 

赤ちゃんのお肌にも優しい「アボカド石鹸(せっけん)」

同源  内からも外からも健康作ろう!

202010262303.jpg

天然植物オイルの恵みがたっぷり♫

 

アボカドオイルオリーブオイルのイイトコどり石鹸です。

メキシコ産アボカドオイル

スペイン産エキストラバージンオリーブオイルを原材料として

生まれました!

アボカドオイル石鹸 >>>コチラをクリック!

 

 アボカドオイルは粒子も細かいので、栄養が肌に浸透しやすく     

2020102702525.jpg

また、アレルギーの少ないオイルとしても知られており、

過敏症状の肌質の方には朗報です。

 

 オリーブオイルに含まれるスクワラン成分により、

乾燥を防ぎ、よりしっとりと潤いの残る洗い上がりになります。

 

手間のかかる「手練り・枠練り製法」で1個1個作っているので、

たっぷりの保湿成分 栄養成分を含んでいます。

 

手練り・枠練り製法とは・・
 
油脂の苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)を加えて撹拌し、加熱せずに反応熱(40℃の低い温度)だけでオイルを傷めないようにして石鹸化を行い、更に2ヶ月かけて成熟するという方法です。塩折を行わないため、油脂の中に含まれていた天然のグリセリンがそっくり石鹸の中に封じ込められています!

 

アボカドオイル石鹸 >>>コチラをクリック!

 

アボカドオイルと「アボカチンB」


20189132171.jpgのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

アボカドオイルに含まれるアボカチンB

「健康な細胞を害することなく、白血病幹細胞を殺すことができる」

ということが最近の研究からわかってきました。

 

アボカドは「森のバター」どころではなかった!

 

 

アボカドで健康寿命を伸ばすことができる!?

といわれているほどアボカドは栄養価が高いのです。

 

アボカドオイルに含まれる成分だから

アボカチン!?  かどうかは分かりませんが・・

 

ガンの幹細胞を殺すことができるという事で

サプリメントの開発や製薬化の研究がおこなわれているようです。

でもやはり自然な食べ物として体に取り込むのが一番! 安心安全ですよね。

 

 

また、アボカドに皮ふきんにある濃い緑色の果肉部分には

豊富なカロテノイドが含まれています。

このカロテノイドも抗がん作用があるようです。

 

1日に1個 アボカドを食べることでガンを予防

 

簡単です!

 

朝食のパンに塗るマーガリンをアボカドオイルに切り替える

サプリ飲むより簡単で日常に馴染みますよね!

 

ロシオデルボスケアボカドオイルは >>コチラ

 

                                    PO'sFactory

 

[トランス脂肪酸が最も少ないオイル]-アボカドオイル

アボカドオイルは数あるオイルの中で「トランス脂肪酸」が最も少ないオイルです。

アボカドオイル280g >>>コチラから

201862122427.jpg

アボカドオイルを扱い始めたころは、

食品を扱う業者さんに言われたものです。

 

高い食用油は商売にならないよ〜 と・・

 

 

 

その当時は、食用油といったら

スーパーに売っている安価な「サラダ油」が主流で

なぜ油に高いお金を出さなければならないの!?

 

というのが、一般の主婦の意見でした。

 

そのうち、「亜麻仁油」「えこま油」「ココナッツオイル」など

カラダ良いオイル」という発想が定着し始め

上手な油の摂り方がダイエットにも関係する話題がテレビや雑誌に取り上げられるようになりました。

 

さて・・・ 最近の一番ホットな話題は

「トランス脂肪酸」

 

美しいものには毒があるといいますが・・

美味しいものには毒がある!?

 

オイルに限らず パン、ドーナッツ、ショートケーキ、クッキーなど

ついつい食べたくなる食品に「トランス脂肪酸」が入っているのです。
 
 
トランス脂肪酸は「狂った油」といわれ

動脈硬化、心臓病などのリスクを高める危険な悪玉脂肪酸です。
 
 
アボカドオイルトランス脂肪酸の含油率が0.1%以下
体に優しいオイルです!
 
アボカドオイル280g >>>コチラから
 

アボカドオイル 1L缶 お徳用サイズ

2018316185055.jpgアボカドオイルを愛用するなら「1L缶」をお勧めします。

アボカドオイルは賞味期限が長く開封から2年

実はこのアボカドオイル・・食用としてだけではなく

日常生活の中で色々な使い方ができます。

アボカドオイル プレミアム1L缶 業務用:   通常価格⇒¥6,804 会員価格¥6,120  >>>コチラ

 

◆クレンジングオイルとして◆

ファンデーションなど油性の化粧落としとしてご利用いただけます。無添加なのでお肌への負担が少なく、マッサージ効果も期待できます。

◆肌の保湿用パックとして◆

洗顔後もう一度適量のオイルを顔に塗布し、マッサージしたあと、適温の蒸しタオルで5分ほどおくと、お肌の保湿効果が上がります。 冬など、肌の乾燥する季節はお勧めです。

◆キャリアオイルとして◆

好みのアロマエッセンシャルオイルとアボガドオイルとブレンドして 全身をマッサージすることにより、一日の疲れを癒すことができます。 首筋や背中のなどを集中的にマッサージすると、リンパの流れを良くなり、全身の肌を美しく甦らせます。

◆頭皮マッサージ用オイルとして◆

頭皮や爪のケアにもお勧めです。良質な植物性オイルは皮膚からの浸透性、吸収性がよく、老廃物をだすマッサージ用としては最適です。豊富なビタミン類は爪や髪からも吸収され、艶やかな生来の美しさがよみがえってきます。

◆整髪/コンデショナーオイルとして◆

お出かけ前に少量のアボカドオイルを髪につけてブラッシングすることにより、髪型がまとまり艶が出てきます。

アボカドオイル プレミアム1L缶 業務用 通常価格⇒¥6,804 会員価格¥6,120 >>>コチラ

                                                                                      PO's Factory

 

アボカドオイル-森の雫と呼ばれる栄養バランス

森の雫と呼ばれるアボカドオイル

トランス脂肪酸の含有量がもっとも少ないオイルです。

食用オイルとして・・毎朝のトーストにマーガリンからアボカドオイルに変えてみてはいかが?

ロシオデルボスケ・アボカドオイル>>コチラから

 

アボカドオイルは栄養価が高いだけではなく素材の味を変えないのが特徴。

スープや和え物、サラダのドレッシングまでオールマイティに使えるので普段の食生活に取り入れやすいです。

熱にも強く、製造より2年と酸化しにくいのも特徴です。

 

20171140943.jpg

こんな使い方もできます・・

◆クレンジングオイルとして◆

石鹸とダブルのご利用によって、夜のキッチリメイクもキレイに落とせます。 アイシャドウや口紅を落とすときは、適量のオイルで、中指と薬指をクルクルと円を描くように マッサージしてあげてください。 舞台の役者さんが使用する、ドーランも落とすことができます。 コットンでふき取った後、アボガド石鹸で洗顔すると、汚れがさっぱりとキレイに落とせます。

◆肌の保湿用パックとして◆

洗顔後もう一度適量のオイルを顔に塗布し、マッサージしたあと、適温の蒸しタオルで5分ほどおくと、お肌の保湿効果が上がります。 冬など、肌の乾燥する季節はお勧めです。

◆キャリアオイルとして◆

好みのアロマエッセンシャルオイルとアボガドオイルとブレンドして 全身をマッサージすることにより、一日の疲れを癒すことができます。 首筋や背中のなどを集中的にマッサージすると、リンパの流れを良くなり、全身の肌を美しく甦らせます。

◆頭皮マッサージ用オイルとして◆

頭皮や爪のケアにもお勧めです。良質な植物性オイルは皮膚からの浸透性、吸収性がよく、老廃物をだすマッサージ用としては最適です。豊富なビタミン類は爪や髪からも吸収され、艶やかな生来の美しさがよみがえってきます。

◆整髪/コンデショナーオイルとして◆

洗髪後のリンス・コンデショナーとしてご利用できます。洗髪には石鹸が一番良いと言われますが、実際は「髪がキシンでごわごわする」との消費者の声が多く、お手頃な界面活性剤のシャンプーに走ってしまいがちです。 

 
美容には欠かせないビタミンEもたっぷりです!なんとオリーブオイルの4倍の含有量なのです。
 
ロシオデルボスケ・アボカドオイル>>コチラから
 
【栄養成分】14g相当分/
 エネルギー:126kcal 脂質:14g
【原材料】アボカド(ハス種)
 食物繊維:135mg ビタミンE:4.6mg コレステロール:0mg オレイン酸:8.5g トランス脂肪酸:0.1g/100g
【容量】280g
【産地】メキシコ
【賞味期限】製造より2年
 
 
 
 
 
 
 
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin Buy Bitcoins with Credit Card  

 

「ロシオデルボスケ」のアボカドオイル その4 オメガ9

オメガ9 熱に強く酸化しにくい不飽和脂肪酸

アボカドオイルが、炒め物や揚げ物に適しており、長持ちすると言われる理由がここにあります。

ロシオ・デル・ボスケ アボカドオイルシリーズは >>コチラから

2017416142342.jpg

オメガ9オレイン酸を主とした不飽和脂肪酸であり

アボカドオイルはオイルの中でもオレイン酸を主成分とした

不飽和脂肪酸が最も多いと言われています。

 

オメガ9には悪玉コレステロールを除去する働きがあるので

動脈硬化、心臓病、高血圧など成人病予防効果が期待できます。

 

また、胃腸の働きを整えてくれるので、体内をキレイに・・

便秘解消の心強い味方でもあります。

ロシオ・デル・ボスケ アボカドオイルシリーズは >>コチラから

「ロシオデルボスケ」のアボカドオイル その3 オメガ3

オメガ3脂肪酸 細胞膜の機能維持

オメガ3脂肪酸とはαリノレン酸に代表される油で、主な働きは【細胞膜の機能維持】

2017416142342.jpg

よく知られているのはイワシアジサンマナッツ類(クルミ)などにこの成分が多く含まれています。

オイルでは「亜麻仁油」や「えごま油」が有名ですが、実は「アボカドオイル」にもこの栄養素が多く含まれているのです。

ロシオ・デル・ボスケ アボカドオイルシリーズは >>コチラから

 

オメガ3脂肪酸にこだわるとことは、生命に気を遣うことでもあると 言われています。 何故なら、体の調節機能の多方面にわたり影響をおよぼすからです。

体温を保ったり、皮膚のバリア機能をつかさどっていると言われています。

他にも、記憶力UP/認知症の予防効果 生活習慣病の予防効果 アトピー改善 うつ病改善などの効果があります。

 

オメガ3脂肪酸のマイナス面は・・ 1.熱に弱い。2.食用油としては味、3.香りが良くない。4.酸化しやすい。5.価格が高い。 などがあげられます。

 

毎日スプーン1杯程度を摂取するのがオメガ3脂肪酸を丸ごと体内に吸収させるコツですね。また野菜と一緒にドレッシングオイルや使うのも良いですね

 

ロシオ・デル・ボスケ アボカドオイルシリーズは >>コチラから

「ロシオデルボスケ」のアボカドオイル その2 万能オイル

 

アボカドオイルは、美容や健康、生活習慣病の予防など。。

幅広い効果が期待でき、家計簿にやさしく経済的!

 

まずは美容効果 ♬

 

アボカドオイルに含まれる「ビタミンE」は、オリーブオイルの4倍以上!

肌荒れを解消し、美肌をキープ!してくれます。

ロシオ・デル・ボスケ アボカドオイルシリーズは >>コチラから

 

またサラダ油からアボカドオイルに切り替えることによって

認知症のリスクが減ります。

サラダ油の主成分であるリノール酸がセ氏200度前後に加熱されると、
「ヒドロキシノネナール」という毒性物質が急激に増えます。

これこそが、
アルツハイマー病の原因物質であるという説があります。

●「ロシオデルボスケ」のアボカドオイルは・・

アボカドの選別から始まり、2回の洗浄、加圧遠心分離処理、脱イオンと果肉の融合
など幾つもの製造過程と厳しいチェックを経て作られるアボカドオイルです。

 

キャリアオイルとして・・

2017326141215.jpg

 

更に好みの香りをプラスして手足をマッサージすると

気持ちが安定し

疲れた体を癒すリラクゼーション効果も!

 

昨今、認知症患者数が劇的に増えているようですが

香りが認知症改善や予防に効果があるようです。

ロシオ・デル・ボスケ アボカドオイルシリーズは >>コチラから

 

 

 

【ロシオデルボスケ】のアボカドオイルがグリッター1月号に掲載されました!

2017114134453.jpgのサムネイル画像食べるコスメオイル

 

世界で最も栄養価の高い果物と言えばアボカド!

 

「ロシオ・デル・ボスケ」のブランドのアボカドオイルは

まさに100%オーガニックにこだわった

 

食べて良し!塗って良し!

内側からも外側からも美しくなれる万能オイルです。

 

一つに秀でている他のオイルよりも

全体の栄養バランスがとれているので、

まさに自然界のサプリメントオイルとの呼び声も・・

 

ロシオ・デル・ボスケ アボカドオイルシリーズは >>コチラから

 

 

100%オーガニック!2017114134847.jpgのサムネイル画像

ロシオ・デル・ボスケのアボカドオイルは

世界で最も産出量の高い

メキシコ産のアボカドを使用しているので、

品質も安定しています。

 

しかも本来の栄養効果を壊さない

フレッシュな搾油方法を採用した

安心な生産者の顔の見える商品です。

まさに食べて美しくなれるオイルですね!

 

ロシオ・デル・ボスケ アボカドオイルシリーズは >>コチラから

 

ページ上部へ